第55回 日本糖尿病学会関東甲信越地方会

【主催事務局】
新潟大学大学院医歯学総合研究科
血液・内分泌・代謝内科
事務局長:藤原 和哉
〒951-8510
新潟県新潟市中央区
旭町通一番町757


【運営事務局】
株式会社コンベンション・ラボ
〒252-0143
神奈川県相模原市緑区
橋本6-4-12-4F
TEL.042-707-7275
FAX.042-707-7276
E-mail:
jds55kanto@conventionlab.net

会長挨拶

第55回 日本糖尿病学会関東甲信越地方会
会長:曽根 博仁
(新潟大学大学院医歯学総合研究科 血液・内分泌・代謝内科)

 この度、第55 回日本糖尿病学会関東甲信越支部地方会を、新潟の地で開催させていただくことになり大変光栄に存じております。支部構成県のうち本県ではこれまで、地方会も含め本学会が開かれた記録はないとのことで、新潟県の糖尿病関係者一同、皆様をお迎えすることを大変楽しみに準備して参りました。

 会場は、本州日本海側唯一の政令指定都市である新潟市の朱鷺メッセです(新潟駅から車で5分)。雪を心配される方が多いと思いますが、イメージとは異なり、海沿いの新潟市はもともと雪が少ない上、特に最近は温暖化のためか、実は雪風景はあまり見られません。しかし万一に備えて、駅・会場間シャトルバスを運行しますので安心してお越しください(雪景色が楽しみな方は、「国境の長いトンネル」を抜けた瞬間を楽しみにしていてください)。千葉、山梨、茨城などの皆様にとっては、やや長旅になり恐縮ですが、スキーや佐渡ヶ島など学会後の魅力も多く、酒も魚もおいしいところですので、それらも含めゆっくり楽しんでいただければ幸いです。

 糖尿病学は、臨床、研究とも近年ますます進歩のスピードを速めています。本地方会は、研修中の若手やコメディカルの方も含めて、主に日頃の実践の中で得た貴重な体験や疑問を発表・ディスカッションできる、あるいは現場に活かせる実践的知識が得られる場です。今回も一般演題と共に、シンポジウムと教育セミナーを設けました。「シンポジウム」は「次世代」シンポジウムと銘打ち、次世代を担う若手による次世代クリニカルサイエンスを意識したテーマとしました。「教育セミナー」では、各分野のエキスパートの先生方による最新の診療アップデートをまとめてお聞きいただけるようにしました。またランチョンセミナーも、各テーマの第一人者の先生方にお願いしてあります。「専門医更新のための指定講演」は翌日1月21日(日)の午前中に実施されます。そして育児中の方にも安心してご参加いただけるように、今回も託児所を設置予定です。

 本地方会が皆さんの臨床、研究のお役に立てるように、一同、頑張って準備いたしますので、多くの皆様方からの演題登録、ご参加を心よりお待ち申し上げております。


【主催事務局】
新潟大学大学院医歯学総合研究科
血液・内分泌・代謝内科
事務局長:藤原 和哉
〒951-8510
新潟県新潟市中央区
旭町通一番町757


【運営事務局】
株式会社コンベンション・ラボ
〒252-0143
神奈川県相模原市緑区
橋本6-4-12-4F
TEL.042-707-7275
FAX.042-707-7276
E-mail:
jds55kanto@conventionlab.net